【副業でWebライターになる】未経験でも大丈夫!Webライターの仕事内容からしごとの見つけ方を徹底解説!

「本業の給料が少ないから、今より収入を増やしたい!」
「副業でWebライターを始めたいけど、未経験でも大丈夫?」

この記事を読んでいる方は、上記のような悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

今回はWebライターの仕事内容から、実際に仕事を見つける方法を解説します。

副業でWebライターを始めてみたい方は、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

Webライターの仕事内容と種類

 

Webライターはクライアントから依頼を受けて、Webサイトに掲載する文章を書く仕事です。

まずは具体的にどのような仕事内容で、どのような種類の仕事があるのか紹介します。

 

Webライターの仕事の流れ

Webライターは「文章(記事)を書くこと」が主な役割ですが、記事執筆を行うためには事前にいくつかステップがあることがおおいです。

 

このセクションでは仕事の流れをステップに分けて説明していきます。

 

①目的のすり合わせ

始めに目的のすり合わせを行います。

依頼を受けた記事の企画や趣旨を理解し、受注先のクライアントが求めている記事や読者の需要を把握します。

 

②リサーチ

次に、記事を書くために必要な情報をリサーチします。

場合によってはインタビュー取材も行います。

 

③記事執筆

最後にリサーチした内容をまとめて、記事の執筆を行います。

案件によっては画像選定(記事内に使う画像を探し挿入すること)もあります。

記事が完成したら、クライアントに確認を取り、必要であれば修正を行います。

 

このようにWebライターは文章力に加えて、情報整理力、クライアントや読者の需要など理解力も求められる仕事になります。

 

 Webライターの仕事のタイプ

 

ひとえに記事執筆といってもさまざまなタイプの記事があります。

ライターによっては自分の得意な記事のタイプを見つけ、それに特化して仕事を受けている人も多いです。

Webライターの仕事のタイプは、以下のようなものがあげられます。

 

  • コラム
  • エッセイ
  • 取材
  • イベントレポート
  • ニュース
  • オウンドメディア記事
  • PR記事
  • セールス記事
  • 企業ブランディング
  • アフィリエイト

 

このように、幅広い仕事の種類があるので、自分が得意なことに合わせて特化していくことで、仕事を獲得しやすくなります。

 

 Webライターの仕事が向いている人の3つの特徴

 

Webライターは文章さえ書くことができれば、すぐに始めることができます。

ですが、Webライターを始める前に自分が向いているかどうかを知ることが重要です。

 

Webライターが向いている人の特徴は、

 

①文章を書くことが苦ではない
②考えることが好き
③コミュニケーション

 

上記の3つです。

それぞれ詳しく解説していきます。

①文章を書くことが苦ではない

Webライターは文章を書くのが仕事なため、文章を書くことが苦ではない人に向いています。

日頃から日記を書いていたり、仕事で文章を作成することが多い人や、言語化が得意な人であれば、向いているといえるでしょう。

 

そもそも文章を書くことが苦手な人には、Webライターという仕事は向かないです。

Webライターに固執せず、苦がなくできる仕事を探すところから始めてみてはいかがでしょうか。

 

②考えることが好き

Webライターは文章を書くのが仕事ですが、ただ書くだけではなく、伝わりやすい文章の内容を考える必要があります。

 

記事をかくためには

「どんな言葉で伝えたら分かりやすいのか?」
「最後まで読んでもらえる文章の構成は?」
「この文章で読者にどう行動してほしいのか?」

 

といったことを考えることが求められます。

日常的に考えることが好きな人は、あらゆる視点で考え伝わりやすい文章を書こうとするので、Webライターに向いているといえます。

③クライアントの意図を読み取れる

Webライターは自分の好みの文章を自由に書くのではなく、クライアントが求める文章を書く必要があります。

そのためにはクライアントの発言やメッセージの意図を読み取り、期待に応える文章を書くことが重要です。

未経験からWebライターを目指すメリット・デメリット

 

Webライターを目指したいけど、未経験でも大丈夫?と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

Webライターは未経験でも目指すことはできますが、メリットとデメリットがあります。

それぞれのポイントを3つご紹介します。

ぜひ参考にして見比べてください。

メリット

未経験からWebライターを目指すメリットを3つご紹介します。

①柔軟な働き方ができる
②副業として始めやすい
③実力次第で会社員以上の収入が得られる

上記の3つです。

詳しく説明していきましょう。

①柔軟な働き方ができる

Webライターはパソコンがあれば、自宅やカフェなど好きな場所で仕事が可能です。

在宅で働きたい人や、副業として働きたい人にはうってつけと言えるでしょう。

また、記事のクオリティと納期さえ守れば、時間に縛られずに働くこともできます。

柔軟な働き方ができるのは大きなメリットになります。

②副業として始めやすい

Webライティングの仕事は、文章を書けさえすれば誰でも始めることができる副業のひとつです。

人によってはライターネームを用いて匿名で仕事を引き受けたり、打ち合わせがWeb上で完結するため、リスクや手間を最小限に省くことができ、始めやすい副業のひとつといえます。

③実力次第で会社員以上の収入が得られる

Webライターの収入は高い実力をつけることで、会社員以上の収入を得ることもできます。

実力次第で収入が増えることが、メリットの1つになります。

 

デメリット

 

続いては、未経験からWebライターを目指すデメリットを3つご紹介します。

 

①文章を書くのが苦手だと辛い
②納期に追われる
③初めのうちは単価が低い

 

上記の3つがデメリットになります。

それぞれ詳しく説明していきましょう。

①文章を書くのが苦手だとつらい

文章を書くことに苦手意識があると、仕事のほとんどの時間を辛いとく感じてしまいます。

辛いと思いながら仕事を続けるよりも、苦がなくできることを副業にするのがおすすめです。

 

②納期に追われる

Webライターには記事を納品する期限があり、原則として納期を守りながら依頼をこなします。

メリットとして柔軟な働き方ができるとお伝えしましたが、納期に間に合うことを前提に執筆を進めなければなりません。

期限があることにプレッシャーを感じてしまったり、自己管理が苦手な人にとっては、デメリットと感じるでしょう。

③初めのうちは単価が低い

Webライターは未経験からでも始めやすく、案件も豊富ですが、始めは単価が低くなる傾向があります。

Webライティングの仕事は「文字単価」または「記事単価」で報酬が決まります。

未経験者向けの比較的書きやすい案件の場合、文字単価は1円未満、記事単価は300円〜と、かなり単価が低いです。

上記の単価の場合、3000字の記事を3時間かけて書いて文字単価が0.5円だと、報酬は1500円で、時給換算では500円と、かなり低い報酬になってしまいます。

Webライティングを副業とし、収入を得たいのであれば、高い単価で仕事を受けることが重要です。

単価を上げるためには、継続して仕事を行い、ある程度実績と関係性をつくり単価交渉するのが必要になってきます。

 

副業でWebライターになる方法【しごとの見つけ方】

 

ここまで記事を読んで、副業でWebライターを始めたい!と決めたなら、早速仕事を見つけてみましょう!

 

Webライターの仕事を見つけるには、代表的には「クラウドソーシング」と「メディアの求人情報を見る」といった2つの方法があります。

 

今回は「クラウドソーシング」を使った、Webライターの仕事の見つけ方をご紹介します。

 

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と受けたい人をつなげるサービスです。

副業でWebライターを始める方も、クラウドソーシングで案件を探し、受注を目指していきます。

しかし、現状ではクラウドソーシングの案件は単価が低いものが多い傾向です。

単価を上げたり案件を獲得するには、プロフィールに実績や得意分野を書く、1円以上の案件を探す、依頼者のニーズを読み取って提案するなど工夫を重ねて、良い案件を受注していきましょう。

初心者におすすめのクラウドソーシングサイトとは?

クラウドソーシングサイトを使ってWebライターを始めたいけど、どのサイトを使えばいいのかわからないのではないでしょうか。

そこで今回は、未経験でWebライターを副業として始めたい方におすすめのクラウドソーシングサイト「ランサーズ」をご紹介します。

 

ランサーズは、オンライン外注サービスの中では運営歴が最長の、クラウドソーシングサイト満足度No.1のサイトです。

案件が豊富で自分に合った仕事が見つかりやすく、副業でWebライターを始めるのにはピッタリといえるでしょう。

 

副業でWebライターを始めてみるなら、ぜひランサーズに登録してみてください!

 

まとめ:未経験でもライターの仕事はできます!

 

この記事では、Webライターの仕事内容から、仕事の見つけ方を徹底的に解説しました。

初めてWebライターを知った方や、経験がなくても大丈夫です。

ぜひ、Webライターにチャレンジしてみてください!